銭飲み!始めました。

銭飲みとは、銭湯の湯に浸かり、ひとり帰りに酒を飲むこと

錦糸町駅 黄金湯とチャンプ②

銭飲みとは、銭湯に入り、一杯飲んで帰る。それだけ。

では近くの銭湯で汗を流して、一杯飲んで帰りますか。

■この階段はタイムトンネル。

銭飲みは銭湯に入って、一杯飲んで帰るのですが、前回のプログのとおり、黄金湯さんに入浴の後、飲みに行けなかったので、錦糸町、再訪

f:id:osamu-ok:20200812232239j:plain

夜の錦糸町

 南口を出ます。昼とはずいぶん違う趣です。

f:id:osamu-ok:20200812232311j:plain

これが錦糸町

 客引き・スカウト注意。これが歓楽街。錦糸町のもう一つの顔です。

f:id:osamu-ok:20200812232341j:plain

混んでいます。

 創業40年の看板。地元に愛された店。タワーマンションの住人は来るのかな?

※私には、偏見があるようです。

f:id:osamu-ok:20200812232453j:plain

亀戸ぎょうざ

 丸井側に渡って奥に入ると、おっ「亀戸ぎょうざ」。もうのれんが下りています。

f:id:osamu-ok:20200812232526j:plain

この怪しさ

光るスカイツリーが遠くに見えます。

道には多くの客引き。女の子もいれば、外人さんも。 

挨拶が聞こえます。「おはようございます。」何時でもこれ、それが錦糸町

f:id:osamu-ok:20200812232558j:plain

昔見たような

 錦糸町で何を食べる!チョイスに悩みます。ブラブラと歩いていると、気になる看板。

チャンプ 茶店的ではありますが、ショーウィンドー。お酒も飲めそう。

メニューを見ると、パスタ・グラタン・ピザ。ここにしましょう。

 

f:id:osamu-ok:20200812232644j:plain

この階段

 この階段、どこに行くんだろう。もしかしたら、帰ってこれないかも。

※注 そんな事はありません。

f:id:osamu-ok:20200812232712j:plain

タイムトンネル

えっ。あの階段は令和から昭和へのタイムトンネルだったのでしょうか?

 お客さんは二組。

f:id:osamu-ok:20200812232924j:plain

おしゃれだったよね。

 まずはビール。バドワイザーにします。昭和のトレンディビア!グビッ。

f:id:osamu-ok:20200812233008j:plain

パスタ

 パスタではなく、スパゲティ!

f:id:osamu-ok:20200812233035j:plain

トッピングすごい

 トッピングがすごい。メニューが多いのにアレンジがいくらでも出来そうです。

マスターおすすめの特製みそ味。ナスとベーコンをオーダー。

f:id:osamu-ok:20200812233109j:plain

赤いウインナー

 つまみを探していると、発見!赤いウインナー。これにします。

f:id:osamu-ok:20200812233150j:plain

電話に驚く

 料理が来るまでに店内を見渡すと、公衆電話!鳴ったら怖いかも。

f:id:osamu-ok:20200812233226j:plain

きました

 きました赤いウインナー。さらにケチャップいっぱい。

f:id:osamu-ok:20200812233305j:plain

何故か美味しい

 何故か美味しい。単に味だけだったら、いくらでも美味しいウインナーはあります。

赤いウインナーとソフト麺には、思い出のスパイスがかかっています。

 

「マスター。レスカひとつ」隣のカップルの女性がオーダーします。

昭和の魔法。

先ほど降りてきた階段は、やはりタイムトンネル。昭和につながっていたようです。

f:id:osamu-ok:20200812233441j:plain

味噌味パスタ

 味噌味スパゲティの登場。

うーん。美味しい、味噌、そして少しスパイシー。

スパゲティの湯で加減も絶妙。マスター腕がいいです。

この店の雰囲気だから一層美味しくて感じるのかも知れません。

 

f:id:osamu-ok:20200812233509j:plain

スカハイ

 スカハイ?スコッチのハイボールの事?

f:id:osamu-ok:20200812233540j:plain

濃いめ

 ハイボールも濃いめでしたが、お店も濃いめでした。

ごちそう様でした。 

f:id:osamu-ok:20200812233637j:plain

これが錦糸町

振り返るとこの街は夜の方が活き活きしているようです。

 

 良いお湯・酔い酒・良い料理。ご馳走様でした。さて帰りましょうか。

 

チャンプさん

ひとり初訪問時のポイント ※あくまで個人の意見です。

敷居の高さ :中 階段を下る勇気があれば大丈夫。

常連度   :高 時間帯によってはくせのあるお客さんも。

注文難易度 :低 メニューとあとご希望でオプションを選ぶだけ。       

会話の入り方:マスターは忙しいので会話は少なめで。

 

 

 

f:id:osamu-ok:20200728205131j:plain

銭飲み四箇条

 最後までお読み頂きありがとうございました。