銭飲み!始めました。

銭飲みとは、銭湯の湯に浸かり、ひとり帰りに酒を飲むこと

西川口駅 喜楽湯と異味香②

銭飲みとは、銭湯に入り、一杯飲んで帰る。それだけ。

では近くの銭湯で汗を流して、一杯飲んで帰りますか。

■ロケの写真は、美味しさと感謝の印

f:id:osamu-ok:20200810002051j:plain

西川口駅に向かう

西川口駅の近くまで来たら、もう汗でびっしょりです。

 

さて、どんな店に行きましょうか。

ネオンサインが目立つ中国料理の店に行くのか?あえて和風?

f:id:osamu-ok:20200810002506j:plain

昔からの

おやっ。多分、中国のオーナーだと思いますが、昔からの店のような。・・  

f:id:osamu-ok:20200810002902j:plain

取材の写真

いいかな?と思ってみたら、入口に過去のTVの取材の写真が多数。

あまりこのような写真の多いお店には入らないので悩みます。・・・

大杉漣さんの笑顔と冬瓜料理に誘われて、よし!決定。

※冬瓜は夏が旬ですが、日持ちして冬まで食べられるので冬瓜の名が付いたそうです。

 

扉を開けると、先客は2組。中国人のカップルと日本人の家族連れ。

f:id:osamu-ok:20200810235232j:plain

親子かな?

元気なお母さんに案内されカウンターへ。厨房には男性一人。親子?

※撮影の許可頂きました。

f:id:osamu-ok:20200810233702j:plain

青島ビールプレミアム

ビール。青島ビールのプレミアム。初めて飲みます。グビッ。すっきり系。

f:id:osamu-ok:20200810233922j:plain

冬瓜とスペアリブの醤油煮

オーダーは、店頭から決めていた「冬瓜とスペアリブの醤油煮」

f:id:osamu-ok:20200810234116j:plain

煎人餃子

あと「煎人(せんにん)餃子」。あー。店主の方の風貌が仙人風なので、命名された訳ですね。でも厨房のご主人髭が無い。先代かな?

 

するとお母さんが「焼売はいいの?」と勧められましたが、一旦2品で。

f:id:osamu-ok:20200810235352j:plain

目の前に

謎のキャラクターが。怪しいけど、可愛い。

※後で調べたら本当に西川口焼焼売の会のイメージキャラクターでした。

f:id:osamu-ok:20200811000346j:plain

優勝の表彰状

見上げると、川口のB級グルメで、こちらのお店の焼売が優勝した 表彰状です。

お勧めの訳が分かりました。 

 

優追加注文します。「すいません。焼売お願いします。

お母さんの「そうでしょ。」という笑顔がいいです。

f:id:osamu-ok:20200811000730j:plain

来ました。

まず出たのは、「冬瓜とスペアリブの醤油煮」。メニューの写真以上に美味しそう。

頂きます

美味しい。本当に美味しい。TVの取材の写真が多くて、本当は、味は今いちじゃないの。と思っていました。ごめんなさい。

f:id:osamu-ok:20200811000954j:plain

ほっこり

これは、下準備を含めて、しっかり仕事をしている味です。豚肉はホロホロ。冬瓜はしっかり煮込まれて、チンゲン菜、人参、マッシュルーム、それぞれの煮込み加減が、絶妙です。味付けもいい。この料理とご飯だけで十分満足出来ます。

 

ここで煎人餃子です。お母さんから、味が付いているので、そのまま食べるように言われます。かなり大ぶりの餃子です。

f:id:osamu-ok:20200811001303j:plain

煎人餃子

卵、エビ、ニラの香り、野菜の甘み、豚肉の旨味。大きさもありますが、餡の贅沢さで満足感の高い餃子です。熱々なので注意して食べます。

f:id:osamu-ok:20200811001811j:plain

甕出し紹興酒

ここで、3杯目です。紹興酒をポットで頂きます。

銭飲み3杯ルールを守る為に、大容量でのオーダー。(性格がせこい)

f:id:osamu-ok:20200811001952j:plain

こんがり焼けています。

さて焼売が来ました。3ヶのっています。

f:id:osamu-ok:20200811002120j:plain

甘ーい

ジューシー。豚肉の甘さと玉ねぎの甘さ。この美味しさは、足し算ではなく掛け算になっています。

焼売と紹興酒が合う!

f:id:osamu-ok:20200811002319j:plain

ご馳走様でした。

お母さんの会話を聞いていると、本当にお客さん一人一人を大切にしている事を感じます。店の内外に貼ってある多くのTV取材の写真も、宣伝だけでなく、わざわざ来てくれた事に対する感謝の印のような気がします。

f:id:osamu-ok:20200811002837j:plain

元気です。

このお店は、来年で30周年との事。地元の日本人。そして日本に住む中国に愛されてる異味香さんでした。

 

最後に、厨房のご主人に長年の疑問を尋ねました。

TVの取材は、ちゃんと代金払うんですか?

「はい、どの局の方もちゃんと払ってくれます。」との事でした。
    

  良いお湯・酔い酒・良い料理。ご馳走様でした。さて帰りましょうか。

 

中華山東料理 異味香さん

ひとり初訪問時のポイント ※あくまで個人の意見です。

敷居の高さ :低 中国人のお客さんだけでも気にしないで。

常連度   :高

注文難易度 :低 メニューとボードのおすすめがあります。       

会話の入り方:お母さんは、話好き。

 

f:id:osamu-ok:20200728205131j:plain

銭飲み四箇条

最後までお読み頂きありがとうございました。