銭飲み!始めました。

銭飲みとは、銭湯の湯に浸かり、ひとり帰りに酒を飲むこと

金町駅 金町湯と深川酒場

銭飲みとは、銭湯に入り、一杯飲んで帰る。それだけ。

働き方改革・シェアオフィス。直帰。

では近くの銭湯で汗を流して、一杯飲んで帰りますか。

■熱めの湯と人情酒場

f:id:osamu-ok:20200402233611j:plain

金町駅 南口

常磐線金町駅。東京は下町、江戸川を渡ればもう千葉、都内最後の駅。

近くには寅さんで有名な帝釈天

f:id:osamu-ok:20200402233657j:plain

高層マンション

駅前に立ち、見上げると高層マンション。

f:id:osamu-ok:20200402233731j:plain

工事中

さらに新規の高層マンション工事中。東京まで○○分と都心へのアクセスが売り物のようです。

でも下町にはアクセスだけじゃない良さがあると思います。

 

銭飲みのプログの最初の場所にこの町を選んだのは、単純な理由。

私が生まれた町だから。

記憶はないが、母と入った最初の銭湯はこの街。

 

目指すは『金町湯』 

葛飾区の浴場組合連合会のサイトでの検索で、金町駅ではこの銭湯しかヒットしない、金町唯一の銭湯。

f:id:osamu-ok:20200402233857j:plain

金町末広商店街

南口を出て右折。令和になったのは駅前だけで、路地に入ると、まだ昭和が残っています。

f:id:osamu-ok:20200402234051j:plain

昭和の風景

駅から5分ほどで金町湯に到着。

f:id:osamu-ok:20200402234243j:plain

金町湯

立派な風格ある宮づくりの店構えの銭湯です。

f:id:osamu-ok:20200402234327j:plain

入ります

さてどんなお湯なのか。

※銭湯内は撮影出来ないので金町湯さんのHPの写真を使わせて頂きます。

f:id:osamu-ok:20200402234524j:plain

番台は親父さん

番台は、おじさん。脱衣所は、鍵付きボックス。

f:id:osamu-ok:20200402234818j:plain

立派なペンキ絵

正面の壁の銭湯絵は、立派な富士山。まるで銭湯の定番のような店だ。

6時台のせいかお客さんは少なめ。開店後のひとやまが過ぎた後。

 

まずは、身体を洗います。いよいよ湯に入ります。浴槽は二つ。湯は緑色。

頂きます。

 

あつ・熱。かなり熱い湯です。浴槽の違いは温度かなと思い、隣の湯へ。熱。

金町湯の湯の設定はかなり高めのようです。

 

高い天井。女風呂の話声が反射して聞こえてきます。

あー。銭湯に入っていると実感させてくれます。

 

熱いがお湯がやさしいと思って後からHPを見たら井戸水を沸かしているとの事。

昭和18年創業。今の造りは昭和32年との事なので、この構えで63年の歴史。

 

あーいいお湯。新型コロナウィルスに関連して、昔の事を思い出しました。

 

新入社員の頃、金曜の仕事終わりに先輩に飲みに誘われ、風邪気味だったので断ると、「酒を飲んで血中のアルコール濃度を上げると風邪の菌は死ぬ。だから大丈夫だ」と飲みに連れていかました。結果、体調は悪化し、土日は寝込むはめに。

菌が死ぬほど血中のアルコール濃度が上がったら、中毒で死にますね。

 

30年以上前の反省を、今、金町湯の湯船の中でしています。

 

いいお湯頂きました。 

さて、では近くで一杯頂きますか。銭飲みの心得は、大衆店で、酒は3杯まで。

f:id:osamu-ok:20200402235342j:plain

深川酒場

駅への道の道すがら気になる看板。「深川酒場」

f:id:osamu-ok:20200402235424j:plain

暖簾が重い

暖簾。有志一同の寄贈です。惹かれますが、地元の常連さんの集まる敷居の高を感じます。

ガラガラ。 

のれんをくぐり、扉を開けると、そこはタイムスリップ。昭和の酒場です。

 

店内はカウンターと小あがり。広い小あがりには1組。カウンターは混んでます。

「カウンターにどうぞ。」とおかみさんの声。ザ・常連の中に入ります。

f:id:osamu-ok:20200402235639j:plain

ラガー・お通しめかぶ

風呂あがりなのでまずはビール。お通しは、めかぶ。

f:id:osamu-ok:20200402235802j:plain

お酒

f:id:osamu-ok:20200402235943j:plain

お品書き

つまみを頼もうと良く見ると、お酒は値段が書いてあるのに、つまみは値段が書いてありません。時価?(笑)

私の想像は、多分値段を気にしないでも良い、安い店です。

 

ラストオーダーも9:30と早いですね。

さて何を頂きましょうか?

f:id:osamu-ok:20200403000400j:plain

お惣菜

カウンターには総菜が並んでいます。悩んでいるとおかみさんから「少しずつ全部盛りますか?」の声掛け。お願いします!

f:id:osamu-ok:20200403000455j:plain

全部のせ

8種全部乗せです。旨い・旨い。出汁のきいたやさしい味付け。

 微妙に違う味付けで、丁寧に仕込んだ料理です。

こういう料理、最近なかなか食べれないですよね。

 

酒がすすみます。梅チューハイお湯割り。

 

隣の親父さんは、週5回来ていて、さらにその隣の親父さんも週3回。73歳との事ですが女性の話で盛り上がります。(笑)

一見さんの私を優しく受け入れてくれる、下町の温かいお客さんが集う店です。

f:id:osamu-ok:20200403001251j:plain

銀鱈煮付け

煮魚に合わせて最後は日本酒。銀鱈、とろとろ。

 

女将さんは、八千草薫風の美人で、なんと80歳過ぎ!

この店は50年以上前に、ご両親が始めた店を受け継ぎ、姪御さんと営まれています。

金町なのに深川酒場という店名は、深川から移転してきたからだそうです。

 

まるで、タイムスリップ。昔の映画の中に入ったようなお店です。

 

お会計は想像通り、安旨でした。

いつまでもお元気でお店を続けて欲しいです。

 

良いお湯・酔い酒・良い料理。ご馳走様でした。

さて帰りましょうか。

 

深川酒場さん

ひとり初訪問時のポイント ※あくまで個人の意見です。

敷居の高さ :中 外から中は見えません。勇気を持って開けましょう。

常連度   :高

注文難易度 :中 総菜がカウンターに。好きなものが頼めます。

       料理に値段が書いてありませんが、高くはありません。       

会話の入り方:カウンターの常連さんは話好き。すぐに仲良し。

 

金町湯さんはこちら 

 

 

深川酒場さん

 

 

f:id:osamu-ok:20200728205131j:plain

銭飲み四箇条

 

最後までお読み頂きありがとうございました。